情弱の米国株投資生活

アラフォーの投資ブログです

水曜日は米国株お休み

おはようございます。

  • 主要3指数は全て微妙にプラス
  • 日経平均は38,482.11(+379.67)
  • 長期金利は4.221(-1.36%)
  • 為替は157.86円

SP500

S&P 500 Map

小売売上高が予想下振れで金利低下

小売売上高の発表がありました。

  • 小売売上高 (前月比):予想+0.3% 結果+0.1%
  • 小売売上高[除自動車] (前月比)    :予想+0.2% 結果-0.1%

非常に弱い結果となっております。

結果を受けて長期金利は下落しました。

ただし株価の上昇には繋がっていないようです。

NVDAの時価総額がなんと第一位に

本日はMSFTとAAPLの株価が下落しています。

反対にNVDAは3%以上の上昇となりました。

これにより時価総額が3兆3242億ドルとトップに躍り出ました。

 

しかしわずかの差なので特に気にする必要も無いでしょう。

 

AI需要すさまじいですね。

jp.reuters.com

 

AVGOは上昇の反動か今日は下がっています。

 

さて、NVDAですがどこまで上がるのか。

終わるとすればAIがダメになる時(思ったよりは役に立たない)ですよね。

今のところその予兆はありません、インターネットが世界に普及して当たり前になったことを考えれば、AIが廃れることは無いのかな?と考えています。

 

もう一つのリスクは大手各社が設備投資をやめた時ですよね。

今はGAFA等NVDAのチップを買いまくっていますが、自社でも製造はしているわけです。

将来的に見向きもされない状況が来るのかかも?しれませんね。

 

ただし、今は最も強い会社です。

決算も絶好調!

売る理由は特にないでしょう。

水曜日はお休み

本日はJuneteenth National Independence Dayということでお休みです。

日本株は動いております。

 

S&P500は連日最高値を更新しています。

ただし一部の銘柄だけが上昇しているこの状況、楽観視していいものかどうか。

まぁ流れに逆らうのはダメだと思いますが、ポジションは少しだけ軽くしようと思います。

  • NVDA:10株売却

調整はいつくるのだろうか、やはり7月でしょうかねぇ。

6月の日銀金融政策決定会合では利上げ無し

おはようございます。

今日のヒートマップ

SP500

続いて今週のヒートマップ

SP500

S&P 500 Map

今週のまとめ

  • CPI(消費者物価指数)は予想下振れ
  • PPI(生産者物価指数)は予想+0.1%に対してなんと▲0.2%
  • FOMCでは金利据え置き
  • 日銀金融政策決定会合では利上げならず、国債買い入れは減額
  • 長期金利は今週大きく下落
  • 為替は一時円高に傾くもすぐに円安方向へ
  • AAPLがOpenAiと提携、iphoneにAI搭載
  • CRWDは好決算で尚且つS&P500に採用される可能性あり
  • AVGOは好決算で株式分割発表、10分割で買いやすくなる見込み
  • ADBE好決算、ガイダンスも上方修正、AI特需
  • NVDAは分割後も買われ続伸

今週もイベント盛りだくさんでしたね。

経済指標が弱く長期金利が下がりました、株価にはプラスです。

FOMCはいつもと変わらない話がほとんどですが、利上げはしないことを言及していました。

日銀金融政策決定会合は今回国債の買い入れ減額のみですが、次回7月に利上げを匂わせる発言がありました。

国債買い入れ減額、日銀総裁「相応の規模に」 7月利上げ排除せず | ロイター

決算は概ね良好でしたね、特にAVGOには期待しています。

今はNVDAが圧倒的、しかしいずれ天下は終わると考えています。

ただし、今ではないのでNVDA持っている方は持ち続けていいでしょう。

決算シーズン終了

決算シーズン自体はまだ続いていますが、もう注目する銘柄は無いでしょう。

今回GAFAMは相変わらず良好でNVDAが化け物的な数値をたたき出しました。

大型銘柄の中ではTSLAだけダメダメでしたね、ただARKのキャシーウッド中心に買っている方は多いようです、イーロンマスクに期待しているのでしょうか?

小売りは明暗が分かれています。

WMTとCOSTは良い決算でしたが、PGやMDLZはちょっと厳しそう。

これは自社独自のローコスト商品を開発販売しているからですね、日本でいえばトップバリューやダイソーのような感じですか。

これがPG等のシェアを奪っている形になります。

 

大注目のAI銘柄ですが、小型グロースはガイダンスで苦しいことになっていました。

やはり大型銘柄にベットする方が良いのかな、特にAAPLとAVGOなんかはこれからに期待ですね。

来週は調整週かも

今週はナスダックが大きく上昇した週です。

理由は大型ハイテク銘柄の決算が理由ですが、出来高はあまり多くないことに注目してください。

上がり続ける相場はありません、どこかで調整は来るでしょう。

ただし相場から降りる必要は無いので、どっしり構えておきましょう。

 

もし含み損がでている銘柄があるのなら、一番大きい奴をとっとと損切しましょう。

PF軽くなりますよ。

 

それでは本日はここまでにします、ありがとうございました

FOMC通過と消費者物価指数

おはようございます。

  • 主要3指数はダウ以外プラス
  • 日経平均は38,876.71(-258.08)
  • 長期金利は(-2.12%)
  • 為替は156.81円

SP500

S&P 500 Map

パウエル議長の会見内容

  • 誰も利上げを想定していない
  • インフレは大幅に緩和したが、依然として高すぎる
  • 米国経済は堅調
  • 今のところ利下げを行う自信が高まってはいない
  • 本日のCPIの結果を歓迎する
  • インフレの進展が遅いため利下げは後ずれした
  • 住宅以外のサービスでは依然としてインフレが高い
  • 低所得者層への経済的圧力は高まっている

jp.reuters.com

 

今回も金利は据え置きとなりました、これは予想通りですね。

利上げを想定しない発言がでたことから、市場の不安を払拭できたのかなと思います。

また今日のCPIの結果にも言及しています。

結果は総合とコア共に予想を下回っていて、パウエル議長は結果を歓迎しています。

 

結果長期金利は大きく下落し、ハイテク中心に株価は上昇しました。

為替は特に変動していません。

金曜日は日銀金融政策決定会合

今週末には為替にとって重要なイベントがあります。

日銀が重い腰を上げるのかどうかが焦点になりますが、どうでしょうね。

どこかで利上げを行う必要があるかとは思いますが、すでに欧州やカナダが利下げに踏み切っている中、利上げを行うというのも違和感を感じます。

AVGOの決算発表がありました

  • 売上EPS共にクリア
  • 売上成長率は43%
  • ガイダンスもクリア
  • 株式分割を行う(1/10)
  • 株価はアフターで10%以上の大暴騰

us.kabutan.jp

相場から降りるなかれ

今年も夏場にかけて強そうですね。

今は投資しないリスクの方が圧倒的です。

利確するのは自由ですが全降りはやめておきましょう。

 

それでは本日はここまでにします、ありがとうございました

予想を上回る雇用統計で長期金利急騰!

おはようございます。

  • 主要3指数は全てマイナス
  • 日経平均は38,683.93(-19.58)
  • 長期金利は4.441(+3.84%)
  • 為替は156.71円

SP500

S&P 500 Map

強い雇用統計で7月利下げは絶望的

いやー強い数値でちゃいましたね、+10万人て。

ただし失業率も予想3.9%を超えて4.0%となっています。

まだまだ米国経済は底堅いということですね。

 

長期金利も急騰しました、株式には大きくマイナスです。

でも「思ったよりは下げてないかな」というのが私の印象です。

 

この指標だけで利下げが決まるわけではありませんが、7月はちょっと厳しくなるでしょう。

次週の決算スケジュール

次週の決算スケジュール

決算シーズンも終わりが近いです。

大注目は水曜日のAVGOでしょう、他にはORCLとADBEがあります。

AVGOはNVDAと同様にAIに関わっている半導体銘柄ですので、大注目ですね。

次週の経済指標

www.daiwa.jp

FOMCはあまり変化の無い内容でしょう、問題は日銀の方で、はたして利上げがあるのかどうか。

そこに注目している投資家は多いと思います。

しかし今の日本でできるのか?

特に大きな変化無しの一週間でした

雇用統計には驚かされましたが、株価はそこまで変化していません。

ただ長期金利が急騰したこともあり、次週にFOMCもあることから油断はできませんね。

日銀金融政策決定会合があることから、FXしている方も次週は慎重になった方がいいでしょう。

 

さ~て今週も終わりですねお疲れさまでした。

 

インドの選挙は与党が辛勝

おはようございます。

SP500

S&P 500 Map

NVDAが新高値の更新続く

NVDA素晴らしいですね。

新高値を更新して以来上昇が止まりません。

  • 素晴らしい決算
  • 株式分割
  • 増配
  • 新しいAIチップの発表←NEW

毎年新しいチップを発表するとCEOが話していました。

市場は好感し6/3は4%以上の上昇となりました。

競合のAMDも発表しましたが、株価は下落しています。

やはり圧倒的なシェアを誇るNVDAの優位性は中々揺らぎません。

 

今後もNVDAの快進撃は続きそうですね。

インドの総選挙は予想と大きく差のある結果

インドの選挙結果が発表されました。

現職のモディ首相率いる与党(インド人民党)が過半数を獲得し、3期目が確定しました。

しかし、結果を見ると議席を減らし、単独で2/3を取ることができませんでした。

政策を決める際、野党の要求を受け入れる必要があり、思うような舵取りができないと予想されます。

 

この結果を受けてインドのETF-7.46%となっています。

jp.reuters.com

決算あれこれ

決算あれこれ

  • GTLB:決算クリア、売上成長率+33%、株価は冴えず
  • CRWD:決算クリア、売上成長率+33%、株価は+6.27%

サイバーセキュリティ大手のCRWDですが、決算良かったです。

PANWがダメダメだったのでどうかな~?と思いましたが、ガイダンスもクリアしていて安心できる内容でしたね。

 

GTLBは内容は良かったものの、売上がマイクロソフトのギットハブに遅れをとっていることもあり、グロース株としては物足りないかな?といった感じです。

市場は不景気を織り込みにいってるのかな?

今日の相場を見ると生活必需品のセクターが上がっています。

JOLT労働調査の求人件数が予想を下回ったことが大きい原因だと考えられます。

長期金利も大きく下落し、ドルは売られました。

 

少しずつではありますが、景気は減速しているのかもしれませんね。

 

それでは本日はここまでにします、ありがとうございました

大きなニュースは無いが上値が重い相場

おはようございます。

  • 主要3指数はナスダックだけマイナス
  • 日経平均は38,487.90(+433.77)
  • 長期金利は4.503(-1.13%)
  • 為替は157.24円

まずは本日のS&P500です。

エネルギーと不動産が強く、半導体はやや弱めか。

SP500

続いて一週間のS&P500です、ソフトウェアが弱いですねCRMの決算が影響しているのでしょうか。

SP500

最後に一カ月のS&P500です、半導体強いですね、他にはWMT等リテールも好調でした。

SP500

S&P 500 Map

本日発表された経済指標は予想通り

  • 個人所得 (前月比) :予想0.3% 結果0.3% 前回0.5%
  • 個人支出 (前月比):予想0.3% 結果0.2% 前回0.8%

www.daiwa.jp

 

ほぼ予想通りですが、支出の方が前回から大きく下げています。

これは米国経済の失速を匂わせることなので、金利が下がりました。

次週の決算スケジュール

次週の決算スケジュール

決算シーズンもそろそろ終了。

  • GTLB
  • CRWD
  • LULU
  • IOT

見るべき会社はこんなところでしょうか、サイバーセキュリティ大手のCRWDは注目したいですね、こちらの銘柄は上場以来一度も決算をミスしていません。

5月も終わりました

さぁ6月になりました。

去年はここからGAFAMを中心に大きく上げていきましたね。

今年もそうなるかはわかりませんが、大統領選挙中は上がりやすい傾向があるのと、6月から8月にかけてはサマーラリーが発生しやすいこともあり、今上値は重くても上昇が期待できるかなと思います。

 

引き続き決算が良い銘柄中心に買っていきましょう!

 

今月もお疲れさまでした。

CRMショックでハイテク下落

おはようございます。

  • 主要3指数は全てマイナス
  • 日経平均は38,054.13(-502.74)
  • 長期金利は4.550(-1.60%)
  • 為替は156.80円

SP500

S&P 500 Map

CRMの決算発表がありました

売上とEPSは共に予想を超えてクリア。

しかし、売上ガイダンスが今期と通期共に予想を下回り株価大暴落。

釣られる形でハイテク銘柄も大きく下げていますね。

 

今の決算はガイダンスが重要なので、ここを落とすとなるとう~ん?ですかねぇ。

持ってた人はご愁傷さまです。

CRM

us.kabutan.jp

長期金利の上昇が気になる

最近の長期金利上昇はちょっと気にしないといけないレベルですね。

今日は下げていますが、恐らくGDP速報値が弱かったことが原因です。

金利と株価はシーソーの関係ですので上がっていくとしんどいことになります。

31日のPCE次第では一気に跳ねる可能性もありますので、ポジションが重い人はご注意下さい。

決算個別株あれこれ

決算個別株あれこれ

  • CRM:売上EPSクリア、ガイダンスミス
  • Ai:売上EPSガイダンス全てクリア
  • S:売上EPSクリア、ガイダンスが予想届かず、売上成長率30%
  • MDB:売上EPSクリア、ガイダンスが予想から大幅に下振れ
  • COST:売上EPSクリア、営業利益は30.9%増
  • DELL:EPSをミス、ガイダンスが投資家の期待には程遠い

いやーどこもかしこもガイダンスが弱いですね。

NVDAはやっぱり化け物だということが分かります。

何があっても決算ミスした銘柄は売ろう

これだけガイダンスが弱いところが多いということは、強い銘柄だけ買えばいいのではないかという考えがでてきます。

決算ミスした銘柄は見限りましょう。

 

いやーAIブームですが選択肢が少なくなってきましたね。

今のところ安心して買っていいのはNVDAぐらいではないでしょうか?

大きく下落したからといって決算ミスした銘柄を買わないでくださいね。

 

それでは本日はここまでにします、ありがとうございました。